PERSONZのボーカルJILLのダイアリー!
COUNTDOWN カウントダウンタイマー
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< JILL'S SALON:只今、引越し準備中! | main | JILL'S SALON:私のブログはお引っ越ししました! >>
JILL'S SALON:つなげて行こう!女子ミュージシャン!
今日は先日のNAONのYAONでご一緒した「Gacharic Spin」のFチョッパーKOGAちゃんからの嬉しいコールで、彼女たちの周年の冊子に掲載の対談をやりました!

NAONのYAONで初めて彼女たちのライブを見たんだけどスゴかった!

ドラム、ベース、ギター、キーボードの女子4人のパワープレイとパフォーマンス!

そして更に加わるダンス女子のキレキレのアクション!に驚いたよぉ!ステージ袖で恵子ちゃんとノリノリで見ていたよん。

いつも女子バンドを前にすると、つい言ってしまうけど、ほんと、私が最初に女子バンドを組んだとき、ロックで楽器をやれる女子はほとんどいなかった。

その当時やり始めたSHOW-YAの面々もやり続けているからこそ今のキャリアがあるわけですよ。女子バンはすぐ解散しちゃうからね。SHOW-YAギターのSAN☆GOちゃんとは渋谷エピキュラス当時からお互いを知っていて同期で、昔からうまかったけど、当時、ちゃんと演奏できる女子のメンバーを集めるのにどれだけ苦労したか...

それが今やスゴイんですよ。

「Gacharic Spin」も素晴らしい演奏テクニックだったし、パフォーマンスもほんと驚く。

今や女子ミュージシャンもベテランがズラリ。そのあとに続くイキのいいミュージシャンもたくさん!

みんな、長く長く続けて欲しいと思います。

若さや女子ということで脚光をあびる時間は、ほんの少しの間。

それを超えても突き進むパワーがあれば女子ミュージシャンもきっとどんどん素晴らしいパフォーマンスができる。

NAONのYAONでもバックを務めていた女子ミュージシャンたち、皆、かっちょよかった。

今まで下の世代の女子ミュージシャンとあまり接したことがなかったけど、女子としての団体には、きっといろいろ大変さはあるにせよ、ミュージシャンを選んだことは自分で選んだ道なんだから、どこまでも、どこまでも、技術を磨き、突き進んでいって欲しいと思います、

KOGAちゃんは、私との対談では、かなり私の素の部分に驚いていました。まぁ、私は変わらないからね。ステージも普通の生活も(^^)

こんど「Gacharic Spin」のライブを見に行こうと思います。

ロックには女子も男子もないんだ!と、心から思います。

これからも自由に、そして炸裂テクニックとパフォーマンスで盛り上げてねー!私もPERSONZで一緒に頑張ります!


「Gacharic Spin」...ずっと渋谷エッグマンでライブをして全然人が入らなかった時、通りを隔てた渋公に他のバンドを見に来たたくさんの人波。いつかは!と思い頑張ってきて、つい最近、渋公ワンマンをやったそう\(^o^)/

そうゆう、ちょっとほろ苦い思い出が、熱い未来を切り開くんだよね^_−☆

KOGAちゃんと!




只今、このブログから引越し準備ちう。移行するブログにも同時期にアップしていまーす。


http://ameblo.jp/jill-personz

COMMENT